施工事例
トップページ > 施工事例 > 京都府某救急出張所改築工事(浸透ポラコン桝・浸透ポラコン側溝・浸透ポラコンパイプ)

京都府某救急出張所改築工事(浸透ポラコン桝・浸透ポラコン側溝・浸透ポラコンパイプ)

工事内容 京都府某救急出張所改築工事
納入場所 京都府
商品名 浸透ポラコン桝 EMBX-600 8基
浸透ポラコン側溝 OPUL-450 29.4m  EBU-300B 22m    
浸透ポラコンパイプ E-200 90m
浸透ポラコン桝EMBXシリーズの特徴 EMBXシリーズは、大きな浸透面で雨水を処理します。 仮に施設内へのゴミの流入が防げず、底面にゴミが堆積し浸透能力が低下しても、浸透ポラコン製品は雨水を側面全体から浸透させていくため、長期にわたり浸透機能を維持すること ができます。また、浸透能力の回復が図れます。 このシリーズには落ち葉やタバコの吸い殻をキャッチする上部フィルターや、それらを堆積させ る下部フィルターを設置することが出来ます。それらのフィルターが浸透面の機能低下を防ぐ とともに、フィルターを洗浄・交換することで浸透機能の回復を図ることができます。
浸透ポラコン側溝OPULシリーズの特徴 OPULシリーズは、JIS製品(JIS A 5372 推奨仕様E-2と同断面)に接続可能な製品です。また、最大サイズで1m当り約0.52㎥の貯留能力があり、砂質土程度の地盤の場合、最大サイズで1時間当り約0.48㎥の浸透能力を発揮します。
浸透ポラコン側溝EBUシリーズの特徴 EBUシリーズは、最大サイズで1m当り約0.42㎥の貯留能力があり、砂質土程度の地盤の場合、最大サイズで1時間当り約0.53㎥の浸透能力を発揮します。重車両(T-25)に対応した構造なので、道路内や一般車両用・重車両用駐車場、建物周囲、グラウンド等、 さまざまな場所での使用が可能になりました。
また、蓋の騒音を解消しました。 蓋1枚1枚がかみ合う構造により蓋が縦方向にズレないため、本体にかかり発生する騒音を解消しました。
可変勾配にも対応します。インバートコンクリートを打設することで、可変勾配にも対応できるようになりました。側溝の深さは300~800㎜まで100㎜毎のラインナップがあります。
浸透ポラコンパイプEシリーズの特徴 Eシリーズは、桝と桝の間に設置することで、桝単体では処理しきれない量の雨水が処理できるようになります。
最大サイズで1m当り約0.19㎥の貯留能力があり、砂質土程度の地盤の場合、最大サイズで1時間当り約0.40㎥の浸透能力を発揮します。
また、重車両T-25に対応した構造にすることもでき、一般車両・重車両用駐車場やグラウンド等、さまざまな場所での使用が可能になります。
会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878

近畿2府4県以外の製品情報・価格につきましては
工業会会員社をご紹介致します。