雨水浸透技術なら関西ポラコン > 浸透能力測定試験について

概要


近年、市街化の発展に伴い、都市の大部分が不浸透面で覆われ、雨水流出量が増大しています。

現在、浸水解消のため、下水道施設の増強による対応を行っていますが、雨水流出抑制による対応も必要になっています。浸透能力測定試験は現地盤の持つ、浸透能力を事前に把握し、経済的かつ合理的に設計を実施するための事前調査を目的としたものです。

尚、浸透能力測定試験には浸透桝や浸透トレンチ管を用いた実施設での試験とハンドオーガー孔によるボアホール法がございます。

試験の流れ


実施設
ボアホール法

使用機材


流量計・電磁バルブ・水位センサー・スイッチボックス・発電機・注水用ホース等(試験用注入水は現地にてご用意願います。水源・給水車等)

設計業務に関するご相談は無料でお受け致します。



会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878