雨水浸透技術なら関西ポラコン > コンセプト > 雨水の流出抑制効果追跡調査結果

雨水の流出抑制効果追跡調査結果


【所在地】
東京都昭島市つつじが丘三丁目  開発面積:約27.8ha  住宅の建設戸数:2,673戸

【地質概要】
地表から地下2.5mまで関東ローム層、地下2.5m以深砂レキ層、地下水位約10m

【調査結果】
昭和56年8月22〜23日に降った雨は、降雨量:87.5mm  降雨継続時間:30時間
雨水総流出量通常の下水管を布設した地区:327.7m3/ha
地下浸透工法を実施した地区: 22.0m3/ha
(総流出量の低減率は93%)
ピーク流量が大幅に減少し、降雨開始から流出までの時間の遅延も認められた。(右記参照)
会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878