雨に親しみましょう。
貯めれば資源になり、多く降れば脅威にもなります。

昔から日本人は雨に親しみがあり、
雨は人生、生きることの恵みでした。
雨上がりの新緑や澄んだ空気を慈しみ、
天の恵みとして愛されてきましたが、
近年、雨の降り方も大きく変わり脅威となることも増えてきました。
10年前には神戸でも家族が流される、
大きな水害がありました。
脅威から弱いものを守りたい。

すべてを解決できるわけではありませんが、
子供が水害にあうことほど悲しいことはありません。
弱いものを守り、雨を資源として親しんでいく。

関西ポラコンは雨と親しむ製品を作っていきます。

会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878