施工手順 - 集水ポラコン側溝 -


施工手順・歩掛

掘削工

1. 掘削は小型掘削機により行い、崩壊性の地山の場合は土留工を施します。

砕石充填工

1. 掘削完了後、掘削底面に基礎砕石(クラッシャーラン)を投入します。

2. 基礎砕石上に敷砂やモルタル、ベースコンクリート等を打設します。

敷砂工

1. 敷砂、敷モルタル、ベースコンクリート上に集水ポラコン側溝を据えつけます。

埋戻し工(1)

1. 集水ポラコン測溝両サイド下に掘削土を埋戻します

フィルター砂充填工

1. ポラコンに接する部分にフィルター砂(荒目砂)を充填します

2. フィルター砂は水締め等で十分に締固めます

埋戻し工(2)

1. フィルター砂の上に掘削土を埋戻します。

2. 埋戻土の転圧はプレート転圧等の極度の圧がかかわりにくい機会で行ってください。特にU型の側溝については、専用のコンクリート蓋やグレーチング蓋を仮設置してから転圧して下さい。

3. 側溝本体の天端面は養生を行い、損傷を発生させない様に転圧には十分に気を付けて下さい。

インパートコンクリート打設工

1. 可変勾配側溝は底面にインバートコンクリートを打設します。

施工完了

お気づきの点がございましたら、お気軽に当社までご連絡下さい。(HPのお問い合わせ先にてお受けしております。)

両面集水(PUW)と片面集水(PUS)について

施工歩掛

PDFを見る
会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878