施工手順 - Eシリーズ -


施工手順・歩掛

掘削工

1. 掘削は小型掘削機により行い、崩壊性の地山の場合は土留工を施します。

2. 掘削機械のバケットのつめ等で掘削の仕上がり面を押し潰した場合はショベルや金ブラシ等で表面を削ぎ落とし、土砂は排除します。

3. 掘削底面は浸透能力を保持する為、極力足で踏み固めない様に注意します。

敷砂工

1. 掘削完了後、掘削底面の砂を敷ならします。
(砂の敷きならしは人力で行います。)

1. 敷砂は足で軽く固める程度とし、タンパ等の機械転圧は行わないでください。

透水シート布設工

1. 透水シート(PK-200)は土砂の砕石内への流入と地面の陥没を防ぐ為、側面を覆うように布設します。

2. 透水シート(PK-200)は採掘面よりやや大きめの物を使用し、シートの継ぎ目から土砂が侵入しない様に重ねしろを考慮して下さい。

3. 作業をしやすくする為、透水シート(PK-200)の端部をピン等で固定します。

砕石充填工(1)

1. 透水シート(PK-200)を引き込まない様に注意しながら砕石を投入してください。

2. 砕石の転圧は沈下防止の為に行いますが、砕石部分の浸透能力や貯留量に影響する為、転圧のしすぎには十分配慮して下さい。

底塊リング据付工

1. 砕石上に底塊リングをレベル調整しながら据え付けます。

2. 必要に応じて底塊リング内に底塊フィルターをセットして下さい。

底塊リング据付工

1. 砕石上に底塊リングをレベル調整しながら据え付けます。

2. 必要に応じて底塊リング内に底塊フィルターをセットして下さい。

底塊リング据付工

1. 砕石上に底塊リングをレベル調整しながら据え付けます。

2. 必要に応じて底塊リング内に底塊フィルターをセットして下さい。

施工完了

お気づきの点がございましたら、お気軽に当社までご連絡下さい。(HPのお問い合わせ先にてお受けしております。)

施工歩掛

PDFを見る
会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878