雨水浸透技術なら関西ポラコン > 施工手順 > 浸透ポラコンマンホール

施工手順 - EWシリーズ -


施工手順・歩掛

掘削工

1. 掘削は小型掘削機により行い、崩壊性の地山の場合は土留工を施します。

2. 掘削機械のバケットのつめ等で掘削の仕上がり面を押し潰した場合はショベルや金ブラシ等で表面を削ぎ落とし、土砂は排除します。

3. 掘削底面は浸透能力を保持する為、極力足で踏み固めない様に注意します。

透水シート布設工

1. 透水シート(PK-200)は土砂の砕石内への流入と地面の陥没を防ぐ為、桝と砕石を巻込む様に布設します。

2. 透水シート(PK-200)は採掘面よりやや大きめの物を使用し、シートの継ぎ目から土砂が侵入しない様に重ねしろを考慮して下さい。

3. 作業をしやすくする為、透水シート(PK-200)の端部をピン等で固定します。

砕石充填工(1)

1. 透水シート(PK-200)を引き込まない様に注意しながら砕石を投入してください。

2. 砕石の転圧は沈下防止の為に行いますが、砕石部分の浸透能力や貯留量に影響する為、転圧のしすぎには十分配慮して下さい。

底版リング据付工

1. 偏荷重による浸透ポラコンマンホール本体の損傷を防止する為に、砕石上に底版リングを据え付け、レベル調整を行います。

2. 砕石上に底版リングを施工しにくい場合は空モルを敷いて下さい。

※空モルを敷くときは砕石層の貯留を阻害しないように配慮してください。

※空モルは底版リングから横手方向にできるだけはみ出さない様施工し、厚みは底版リング部の砕石層の深さ20%(最大100mm)に留めて下さい。

2. 吊り金具はフレノリンクボルト(M16)を使用します。

本体据付工

1. 底版リング上に浸透ポラコンマンホール本体を据え付けます。

2. 3ケ所の吊り金具が上部材の凹部分に入る様に据え付けます。(1段階ごとにレベル調整して下さい。)

砕石充填工(2)

1. 砕石投入時に、砕石が浸透ポラコンマンホール内に入らない様に板材などで養生して下さい。

2. 砕石の投入は投入時に製品が動かない様に注意し、浸透シート(PK-200)を引き込まない様に慎重に行います。

3. 砕石の転圧は沈下防止の為に数回に分けて行いますが、砕石部分の浸透能力や貯留量に影響する為、転圧のしすぎには十分配慮して下さい。

直壁・斜壁据付工

1. 本体(EW1500:2000の場合は床版)の上に直壁・斜壁を据え付けます。製品間の継ぎ目にコーキング材を打つことで浸透ポラコンマンホール内の土流入を防止できます。

2. 砕石の投入は投入時に製品が動かない様に注意し、ポーラスシートを引き込まない様に慎重に行います。

3. 砕石の転圧は沈下防止の為に数回に分けて行いますが、砕石部分の浸透能力や貯留量に影響する為、転圧のしすぎには十分配慮して下さい。

透水シート加工

1. 砕石層を包み込む様に砕石層上面にポーラスシートを被せます。

鉄蓋据付工(調整リング)

1. 斜壁上面のインサートにリングボルトをねじ込みます。(M-16:3本)

2. 地表面との高さを調整しながら調整リング(RP)と鉄蓋受枠を固定します。
(モルタル等で高さ調整を行ってて下さい。)

3. ボルトナットを締め付け、鉄蓋受枠を固定します。

埋戻し工

1. 埋戻土は転圧機で十分に締固めます。

2. 砕石のかみ合わせ等による初期沈下が起きる場合がある為、埋戻し後の1~2日は注意して下さい。

3. ボルトナットを締め付け、鉄蓋受枠を固定します。

施工完了

お気づきの点がございましたら、お気軽に当社までご連絡下さい。(HPのお問い合わせ先にてお受けしております。)

施工歩掛

PDFを見る
会員登録でCADデータのダウンロードが可能です
TEL 0800-200-7878